【開催終了】夏休み 子どもたちへの、おかたづけお話会してきました

20140726011

<概要>

子どものための片付け講座 奈良県大和高田市開催写真

休憩時間中の、こどもたちのラクガキ。消しゴムがしゃべっています。よく伝わってる♪

 

夏休み 子どもたちへの、おかたづけお話会
2014年7月26日(土)奈良県大和高田市
場所:奈良産業会館 会議室2(旧地場産業センター)
「いちばんかんたんで いちばんたいせつな おかたづけのお話」

夏休み、とーっても暑い中の開催。
幼稚園年長さんから、小学5年生まで参加してくれました。

<子どもたちのリアクションは、大きくて素直!>

私:「お片づけが、できるようになりたいひと~」
子どもたち:「はーい♪」
(↑力いっぱい手を上げてくれている)

私:「お片づけできたら、どんないいことありますか~」
子どもたち:「のりをなくさないから、もう一回買わなくていい~」
子どもたち:「ママに怒られない~」「勉強がはかどる~」
(↑口々に参加しだして、とまらない)

元気だし、笑うし、となりの子と顔を見合わるし。

私:「せっかく終わった夏休みの宿題が、8月31日になかったら・・・? 1日中探して終わりだねぇ」
子どもたち:「い~や~だ~!!」

私:「お母さんに、どこにやったの!?お片づけしないからでしょって、言われるよ」
子どもたち:「絶対言われる~、探すの手伝ってくれへーん(涙)」

こどもたちのリアクションがかわいくて、私もついつい笑ってしまいます。

私:「出てこなかったら・・・『せっかく宿題したのに』『もし出てこなかったらどうしよう』って、気持ちが焦って、ドキドキして・・・泣いちゃう子もいるかもよ~」
子どもたち:「泣きそうになったことある!!」

私:「おかたづけ、上手になったらこんな思いしなくていいよね~」
子どもたち:「はっ」(←明らかに、何かに気づいた顔をした子がいた)

素直なリアクション、面白かった~(笑)

<今回の、おはなしの内容>

ある子のアンケート。大事なことをつかんでくれています。

ある子のアンケート。「片付けは、元の場所にもどす」という意味があることをはじめて知りました。

整理収納アドバイザー2級認定講座で 約7時間。それでも話す時間は全然足りないと感じています。
それを、1時間弱で、こどもに・・・。何を伝えるべきか、すごく悩みました。何を知ってもらうことが、いちばん役に立つのか。
悩んだ末、今回は、対象が、幼稚園さんから小学校高学年まで。
ということで、この辺にスポットを当てて、話しました。

・ 整理のメリット・デメリット
・ かたづけの意味
・ 整理を妨げる原因―本当にモノを大切にするということはどういうことか
・         ―モノはしゃべらないけど、気持ちを考える。人と同じように大切に

5年生の女の子は、さすがにすこーし、はにかみながらの参加。
ちょっと簡単すぎたかな、あまり面白くなかったかな、
ちっちゃい子優先しちゃったしなぁ・・・と思ってたら。
終わった後のアンケートにびっしりメモしてくれていました。

ちゃんと聴いてくれてた(感激)

思った以上に、私がすごく手ごたえを感じて、楽しかったというのが感想です。
「おうちに帰ったら、使っていないモノを出してみようと思います」
って書いてくれてたアンケート。
ぜひ、やってみてね!
ちょっとでも、このお話が、みんなのお役に立ちますように。
来てくれたみんな、どうもありがとう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です