夏休みの牛乳を通じてみる、適正量把握

0-75

赤ちゃん連れ3児の母、整理収納コンサルタント、ながのです。

1週間に7本、牛乳の消費本数

みなさんのご家庭は、牛乳、1週間で何本消費されますか?@本!って即答できる方、すばらしいですね。消耗品・食料品の管理は数字で把握することがポイント。きちんと把握ができると、買い物の回数や購入のタイミング・メドがわかります。これって、整理収納的に言うと、適正量管理の概念の1つで、身につくととても便利。そして、お片づけ得意になる道への一歩です。

把握すれば、ムダな家事の時間を削減できるっ

ちなみに我が家は1週間で、7本。なので、生協さんでも7本注文します。もう、金曜日は、冷蔵庫牛乳だらけ(笑)。でも、必ず1週間でなくなります。なのでこれだと、「週の途中に牛乳がなくなった」、とか、「買いすぎて冷蔵庫いっぱいで、翌週まで残っている」ということは、ありません。特に、週の途中で買い物に行かなくてよくなるので、無駄な家事の時間を削減できます。

適正量はライフスタイル・その他条件によってもかわる

ところが今週は水曜日の時点で、7本消費。あっれー、暑いから良く飲んでる?と思ったら。違いました。子どもたちが、夏休みで家にいるから、その分消費が早まったようです。時期・状況・環境によって、適正量はかわる・・・。わかりやすい事例ですね(笑)結局+2本、近所のスーパーに買出し~。
次回は9本注文。1回発注本数としては、最高記録です。もう冷蔵庫、牛乳だらけ間違いなしです。

整理収納上級者への道

数字で把握しておけば「また牛乳がなくなった」「しょっちゅうスーパーに牛乳買いにいってる・・・ブツブツ」ということがなくなります。その上、だいたいの1ヶ月の消費量・食料費の目安にもなります。
「だいたい」把握・管理できていればお片づけの中級者。さらに、なんでも数にして管理をすると上級者に近づきます。

数字で考えてみる。例えばこんなのいかがですか

・1週間に牛乳何本使いますか?
・ケチャップ1本・サランラップ1本・コンタクト液1本、どれくらい持ちますか?
・ファンデーションどれくらい持ちますか?
・カッターシャツは何枚いりますか?
・その服、購入してから、何回くらい使う予定ですか?1回あたりの着用費用はいくらになる予定ですか?

一度、身近なもので、数値化してみてください。気づきとともに、少しづつお部屋がかたづきはじめますよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です