【執筆】旬刊経理情報9月20日号 「第44回お礼メールは自分の言葉で具体的に」掲載

お礼のメールは自分の言葉で、具体的に

旬刊経理情報さん<第44回>掲載いただきました。

旬刊経理情報9月20日号

旬刊経理情報9月20日号

一般社団法人日本ビジネスメール協会認定講師の長野裕香として、前回に続き、執筆させていただきました。
「旬刊経理情報」(株式会社中央経済社)2014年9月20日号 掲載「その書き方・送り方は正しいの?ビジネスメールのお作法いろは」コーナー

第44回 「第44回お礼メールは自分の言葉で具体的に」
http://businessmail.or.jp/archives/2014/08/05/2256
(ビジネスメール協会の紹介ページへ飛びます)

第27回「好印象を与えるお礼メールの書き方」の中から、「書き方のポイント」について解説

好印象を与えるお礼のメールには、伝えるスピードや手段など、さまざまなポイントがあります。今回は、その中から「書き方のポイント」に絞りました。そして、なぜ自分の言葉で書く必要があるのか、どういうことに気をつければ、自分の気持ちがしっかり相手に伝わるのか等について、解説しています。

旬刊経理情報さん掲載はこれが最後

私が書くのは第44回までの、7回となっておりましたので、今回が、ラスト掲載です。文章にすることで知識が整理されたり、いろんな角度から考えることもあり、自分の中でビジネスメールについてさらに深めることができました。いい経験をさせていただきありがとうござました。つたない文章ではありましたが、読んでくださったみなさん、本当にありがとうございました。感想、いつでもお待ちいたしております。

過去の旬刊経理情報さん掲載タイトル・記事はこちらです

<第43回>【執筆】旬刊経理情報9月10日合併号掲載
「『一文一義』でわかりやすいメールに」
ブログ記事はこちら

<第42回>【執筆】旬刊経理情報8月20日・9月1日合併号掲載
「不快感を与えてしまうメールの事例」
ブログ記事はこちら

<第41回>8月10日号掲載
「宛名間違いで、信頼度を下げないために」
ブログ記事はこちら

<第40回>7月20日号掲載
「添付ファイルのパスワードはどう伝える?」

<第39回>7月1日特大号掲載
「失敗しない転送メールのコツ」

<第37回>6月10日号掲載
「署名欄を上手く活用しよう」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です