【終了・アンケート】大淀町子育て支援センター、お母さん向け片づけ講座

保護者向け、片づけ講座

子育て講座後は、LINE@に登録してくださる方が多く、受講後の変化など、報告をくださる方が多くて嬉しい(本ページの一番最後にご紹介)。奈良県在住3児の母、整理収納アドバイザー認定講師、オフィスミカサの長野ゆかです。

定員いっぱい。お申込み感謝&当日の様子

主催者さん、参加人数が多いこと、また当日急にお申込みがあったりらしく、とにかく反響があることを、とても喜んでくださっていました。よかった~。今回は、大淀町以外の方もOKだったので、下市町、田原本や、五条方面の方も。遠方からお子さん連れで感謝。

また、写真の通り、ほとんどの方がお子さんを連れての2時間だったのですが、集中して聞いてくださっていました。自分を振り返ると、子どもを連れて参加していい「勉強会」って、めっちゃありがたかった。
子どもが泣いても気を使わなくてよくて、なんだったらおもちゃがあって、子どもも喜ぶ!となると、これ以上ありがたい場所ってなくて。そういう場を提供する側になっている「いい仕事できてるな」って思えます(^^)。子育て支援なんていうとおこがましいですが、私も同世代の母として、お役に立つお母さん向け片づけ講座、していきたいです。

そして、ご来場くださったみなさん、本当にありがとうございました。
【募集のときのぺージ】http://blog.office-mikasa.com/2015/11/13/oyodo_kosodate/

アンケートご紹介

今回もみなさん熱心にアンケートご回答くださったので、一部ご紹介いたします。

とてもよかった(18名) / 少しよかった(2名) / どちらでもない(0名) / よくなかった(0名)

上記評価(とてもよかった・少しよかった)の理由を教えてください。

<話が聞きやすかった・楽しかった・気分すっきり・参加してよかった!>

・1番の悩みでした。なんでできないのか腑に落ちました。とてもすっきりした気分になりました。
・今日は講座に参加できてよかったです。ありがとうございました。
・今日は大変ためになる講座をありがとうございました。
・講座内の先生のお子さんのモノを大切にするようになったきっかけのお話、涙が出そうになりました。
・いつも片付けしなさい、と怒っていたので、お話聞けてよかったです。
・とても楽しく聞かせていただきました。ありがとうございました。
・長野先生のお話は3度目くらいでしたが、最近は少し片づけから離れていたので、また片づけスイッチ入りました。今日のお話も楽しく聞かせていただきました
(※整理収納アドバイザー2級認定講座のフォローアップを兼ねてのご参加・ありがとうね、Tさん!)
・私も片づけられないというストレスに押しつぶされそうな日々だったので、毎日少しづつ行動しようと思います。精神的な面でもすっきりしました。今日の内容を忘れないようにしたいです。

<しつけ・子育ての声掛けの参考になった>

・声掛け、思いやりの声掛け、褒め方、とても参考になりました。
・我が家ではコミュニケーションはとれていると思っていましたが、まだまだ足りていなかったことを実感しました。
・しつけ、習慣の勉強になった。
・片づけなさいといつも言っているが、どう伝えることが大事なのかよくわかった。
・子どもの判断力をつけ、伸ばしてあげたいと思ったし、そのために私自身が何を気を付けるべきかがわかった。
・自分で片づけるのと、子どもにしつけをするのは別だということが、とても参考になった。
・子どもに判断させて決断力をつけたい。
・大変興味深く聞かせていただきました。早速整理からやってみたいです。くじけそうになったらお願いするかもしれません。
・今1歳3か月なので、もう少し大きくなったらモノの大切な等、教えたい。
・最近子どもを褒めることが少なくなかったのですが、やはり褒めることは大事だと思いました。
・モノを出したときに褒めるということはしたことがなかったので、試してみたいと思いました。
・モノへの執着が捨てれず、決断力を付けてあげる練習も必要になってきたなぁと感じました。
・子どもとコミュニケーションをとる、子どもの価値観を知ることをもっとしていきたいと思いました。

<片づけがわかった!できそうと思えるようになってきた>

・片づけの基本的なことが理解できた。
・少しづつできそうな気がした。
・片づけ=捨てる だと思っていましたが、それだけではないと知り目からウロコでした。
・片づけピラミッドを頭に入れて取り組んでみたいと思います。
・片づけピラミッドが大切なことが分かった。
・片づけの言葉の意味やピラミッドの話、とても参考になりました。
・子どもの動線に沿って片づけること。自分で片づけ準備ができるようになれば母の手間がなくなり、子どもが自立するというお話、納得でした。近々ぜひやってみます。
・とってもお話が分かりやすかった。「1日10分」少しづつ片づけようと思いました。

<自分を反省…>

・まず自分がしっかり要・不要を判断して整理したい。
・片づけできない=判断力の低下・・私だ(^^;)
・毎日片づけなさい!と怒ってたので、ダメだなと…
・子どもがしっかりしてきて、知らず知らずの間に高度なことを求めすぎていたなと思いました。

<具体的に、活用してみたい、こうしてみたい>

・子どもの出しやすい場所、わかるように、兄弟別に色々試してみたい。
・家が片づいていなくて指導してほしいくらいです。まずは今日から、1日10分1か所づつ片づけていきたいと思います。
・おもちゃ箱で、子どもに使う・使わないを分けさせようと思った。
・毎日の声掛けから、始めたいと思います。
・子どもへの伝え方や、モノを大切に思う心を聞いて伝えながら、一緒に整理から始めたいです。
・おもちゃやラベル張り、親ではなく子どもの手の届く場所に置く…特に活用してみたいです。
・もっと片づけについて勉強したくなりました。
・新聞紙に乗る範囲の整理から進めます。

<もっと聞きたい>

・箱の選び方・鍋のふたがかさ張る
・冷蔵庫の中がきれいに見える片づけの方法
・兄弟で遊んだ時の良い片づけ方法があれば聞きたい
・親世代が片づけが本当にできない家で、なんとかうまく伝えられないか日々悩み中です。

受講後「こんな素敵な変化がありました!」とご連絡くださったみなさん。

講座受講後、数日から1週間。LINE@に登録くださって、そこから個別にご連絡いただきました。2時間の講座後、行動に変化が出て、さらにそれがストレスフリーや、子どもの成長を感じた喜びに変わっていらっしゃることを知る。講師を仕事としている身として嬉しいことです。こちら、了解いただいた方のメッセージのみご紹介いたします。

LINEでいただいた後日の感想

もうね、涙出そう。またどこかでお会いできますこと、楽しみにしています!「あのとき大淀で講座受けたよ!」って、ぜひお声かけてくださいね(^^)

現在募集中・開催予定の講座一覧は「オフィスミカサトップページ」からご覧になってくださいね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です