【企業研修_水道局】片づけ講座「人権尊重と快適な職場環境の構築について」

2016_0302

今年は、オフィスのお片づけの依頼や研修が増えています。整理収納アドバイザー認定講師、オフィスミカサの長野です。

八尾市水道局様にて 「オフィスの片づけ」研修を実施。

前回、八尾市役所自主研修の片づけ研修の評判がよく、水道局様からもご依頼いただきました。タイトルは「人権尊重と快適な職場環境の構築について」で、とのご依頼。片づけは「思いやり、配慮」と思っていますが、人権にまで結びつく。深いですね。
そして、今回、水道局庁舎移転=引っ越しを控えていらっしゃるため、引っ越し準備として片づけを進めている最中。また、もっと効率的な方法が知りたい、みんなの気持ちを一丸となって前向きに片づけに取り組めるようなオフィスの片づけ研修、というご依頼でした。同じオフィスの片づけ研修でも目的が変わると、構成が変わるので具体的に希望をいただき、とてもありがたかったです。

ファイリングシステム概要についても、ご紹介

2時間の講座の中に「ファイリングシステムについても紹介をしてほしい」というご希望があり、30分ほど組み込みました。やっぱりオフィスの片づけでは、「書類管理」「ファイリングシステム」は外せません。
ただ、本来ファイリングだけで2時間の内容なので、一部分だけ(概要、運用、メリット、オフィス導入後失敗事例と原因など)ご紹介したところ、もっと聞きたかった、時間が短かかった、とのお声もいただきました。
もっと知りたいと思っていただけるのは、しっかり伝わったということ。時間短く申し訳ない反面、嬉しくも思いました。ありがとうございました。またいつでもご質問ご連絡ください。

今回もアンケートの掲載について許可いただいていますので、一部ご紹介&当日概要

————————————————————
内容:3月2日(水) 14時から16時 2時間講座
タイトル:人権尊重と快適な職場環境の構築について
————————————————————

回収アンケート21名
講座の内容について:
・とても参考になった 21
・少し参考になった   0
・どちらともいえない  0
・参考にならなかった  0

上級編受講について:
・受講したい       14
・機会があれば受講したい 4
・興味はある        1
・受講したいとは思わない 0

本講座を他の職員に:
・とても勧めたい   15
・勧めたい      6
・どちらともいえない  0
・勧めたいとは思わない0

————————————————————
施設部門 F様

正しい片づけの方法について。今まで、最初に行っていたのは収納用品の購入・収納場所の確保をしていたように思います。まずは整理が重要であることが理解できました。
一人1日、書類を探すのに5分かかったとすれば、全体でどれだけの年間の損失があるかという話。書類を探すだけでもコストがかかっていることを改めて認識しました。
ファイリングシステムが失敗した事例について、一人一人がしっかり意識出来るかどうかが重要であると思います。ファイリングシステムを導入に、維持していくには内部の力だけでは続かないように思います。是非、定期的に指導に来てください。

————————————————————
サービス部門 K様

文書を整理することにより、ストレスなく業務に集中することが出来、また業務効率も上がる事が実感できました。局全体の意識改革になればと思いました。
1日10分でいいのでよく使う場所から片付けるという事。(作業時間を決めずに一気にやろうとしては、いけないということ。)他人に対して「捨てろ」と言っては、いけない。
いい講義を聞かせて頂いてありがとうございました。今後も新庁舎移転に関するアドバイスや講習会等をお願いしたいと思いました。

————————————————————
工事部門 O様

ファイリングシステムを、分かりやすく説明いただき、ありがたかった。局内で、運用を検討し、何が適しているかは、結局、局自身で決めて持続するべきものというのが改めてわかりました。
職場内で受講を、勧めすぎても嫌味な感じがするが、とにかく、聞いてみて実践してもらうためにも受講をすすめたい。

————————————————————
経営部門 Y様

わかりやすく実践しやすいよう、講座内容を組みたてていただき、誠にありがとうございました。学んだことをすぐに実践する決意を固めるとともに、更に深く掘り下げて学んでまいりたいと考えています。今回受講した職員が、学んだことを率先垂範で行動を起こせば、組織全体が、人権尊重を図りつつ、快適な職場環境の構築に向け、取り組んでいけると確信しております

片づけをはじめ、職場環境を改善しようとしている者を応援し、バックアップしていく。
また、片づけができない方には、周囲が片づけ、片づけをせざるを得ない状況にすることや、置く場所を決める等の工夫を重ね、お互いの人権を尊重しつつ、環境改善を重ねることが大切であることを再確認しました。

本講座に感激、感動し、最後に質問しようと考えていたことをすっかり忘れていました。ホームページで「片づけができない方は、早死にする」旨の記述を拝見しましたが、片づけができないことにより、周りから見放され、孤立することが原因のひとつと推測しました。どのようなことが主な原因となるのかご見解をお伺いしたいです。

今回受講できなかった職員には、是非、別の機会に受講を勧めてまいりたいと考えています。
新庁舎の移転に向け、中堅・若手職員が中心となり、週に数時間、時間を決め、一斉に片づけを進めています。この機会に組織が団結し、快適な職場環境を目指してまいります。

————————————————————

経営部門 Y様

片付けは、合理的なプロセスの積み上げで為し得るということが、よく理解できました。まずは要不要の取捨選択に地道に取り組むことが第一で、ここが起点であることなど、片付けの要点をわかりやすく叩き込んでもらえて、とても勉強になりました。

・まずは「整理」をきちっとすること、収納の前に。
・使うものを「しまう」、使わないものは「処分」
・家庭でもバーチカルファイリングの導入を検討すること。
この3点が特に印象に残っており、自分でも取り組んでみようと思ったところです。

上司、部下などの肩書きにとらわれず、社会生活を共に過ごす者として、周囲の人に、かたづけるとこんなにメリットがあるよ、ということをお伝えしたいです。自分で片付けに取り組み始めて、とにかく気分がすっきり晴れやかになれることを実感しており、こんないいことは、周りにも伝えないともったいない!と思うからです。

整理が重点、ということがとてもよく伝わってきましたし、わかりやすかったです。要るもの・使うものをしまう、という考え方も、教えていただいて、ものすごく得心できました。仕事・家庭の別に係らず、一歩一歩整理に取り組んでいこうという気持ちを起こしてくださって、ありがとうございました。

————————————————————
経営部門 T様

現状が一番きれい、と、話されていたこと、帰る時には、机は滑走路に帰すということが印象に残った。
今までの整理の考え方が一変し、身の回りの整理ができたため、みんなにも必要な講座だと思うので受講を勧めたい。
————————————————————
経営部門 N様

すぐに取り掛かれそうな内容だったので、わかりやすかったです。
現在の机の状態は、すべて自分の決断の積み重ねの結果」、「相手(周り)を変えるのではなく、自分が変わる」この2つの言葉が心に残りました。
組織全体で統一した意識を持つべきだと思うので、全員に勧めたいと思いました。

————————————————————
経営部門 T様

自分の身の回りにいかに無駄なものが多いかを気づかされました。そのために、ストレス等も含め様々な面で業務に支障が出ていることを感じました。

必要・不必要なものを判別し、思い切って捨てていきたいと思います。また、無駄なアクションを一つでも減らし、効率の良い動きをしなければならないというところが印象的でした。
研修内容のボリュームは多かったが、研修時間が短かったように思います。
————————————————————
サービス部門 M様

整理と片付けを同じ感覚で捉えてしまい、よく考えれば、必要でないものを収納しなければならないことで、頭を悩ませていたが、まずは、不必要なものを整理し、必要な物のみを収納することが重要であることが理解できました。

書類の探し物や無駄な動きが積み重なると、経済的損失が大きいという事が身に染みて理解できました。職場以外でも、必要でない物の整理はとても重要であると感じました。
職場や家庭でも実践できる内容が多いので、意識して取り組んでいきたいと思いました。

————————————————————
サービス部門 S様

職場の片づけはもちろん、自宅の片付けの際にもかなりヒントになる内容でした。
まず、分類。要るものと要らないもの、迷うものを分類すること。一番苦手な作業ですが、講師の方の事務所の写真を見せてもらったり、実際の事例紹介をしていただいて、取り組んでみようと感じました。

職場内で、受講していない人みんなに勧めたいです。みんなが納得し、理解して片づけることで、整理整頓された職場をキープできると思います。

個人的にもっとお話を聞きたいと思いました。自宅の片付けのアドバイスをしてもらいたくなりました。
2時間の研修時間はあっという間に過ぎてしまい、とても聞きやすい研修でした。どうもありがとうございました。

————————————————————
サービス部門 S様

片づけの意味について考えることが無く、その点について理論的に説明していただいたので、自分の中で整理できたことが大きかったため。
業務内で発生する突発的な事象については、先送りせず、解決することを心がけていたが、捨てることができないのは先送りにしているだけだとお聞きし、自分自身を振り返るいい機会を得たと感じた。
本講座を受講することで、自分にとっての必要なものや、どんなことを重要と感じているのか、自分自身では気づけない点を知ることができるため。
自分自身を知る講義でした。ありがとうございました。

————————————————————
工事担当 H様

先生による講義は、分かりやすく理解することができた。
印象に残ったことは、整理と整頓には違いがあり、行う順序もあること。
水道局が庁舎建設中でありとってもタイムリーな研修内容であり、講師の先生の講義の進め方もお上手で、今後業務を行う上で是非活用していきたい。
急な業務が、発生したため一時間だけの受講となり、またの機会があれば、ぜひ受講したい

————————————————————
工事部門 N様

「共有化」の意味を理解できたように思いました。個人資料と共有資料を区別して考えていたから、共有化が進まず、同じ資料をみんなが持ち、本棚にあるはずの資料が無いのだとわかりました。

モノを探す時間が会社の損失であることや、引き出しにモノをため込んでいくことが不正などに繋がるなど、衝撃的なコメントがありました。手持ちの資料の重さが仕事の動きの重さになるのだと、意識を大きく変えることができました。

入庁以来、10年分の溜まった資料を整理しています。忘れていた資料がほとんどです。
資料をコレクションするだけで、スキルに繋げていなかったことを恥ずかしく思います。
手持ちの資料を整理し、今後の仕事の進め方を変えるきっかけにすることができました。

これまで受けた研修の中で、間違いなく、1番の感銘を受けました。
自分を変えるチャンスだと思っています。ありがとうございました。

————————————————————
整備部門 O様

今回の講座のテーマである「片付け」は、自分にとっては一番苦手とするところでもあり、整理整頓できていない現状が「今までの自身の決断の積み重ねの結果である。」との言葉が特に印象に残っています。

今まで、正しい片付けとは何かが分かっていなかった為に、自分では片付けているつもりでいました、講座の中で言われていた様に、収納のことばかりで整理が不十分だったので、先ずは整理から見直して行こうと思います。
————————————————————
施設部門 N様

来年度の新庁舎への移転に向けて、多量の文書を整理しなければいけないので、整理の方法、片付いた状態を維持する方法についてとても参考になった。
片付けが、気持ち良いだけでなく、時間の短縮、災害時の安全確保、コミュニケーションの活性化等の様々な効果があることが分かったこと。
キッチン、洗面所等の片付けの仕方を機会があれば聞きたい。
大変わかりやすい講義でした。ありがとうございました。

————————————————————

整備部門 K様

現在職場の整理整頓を行っており、不要であると思われる書類等が多々あるのですが、自分の判断で捨てる事ができずに困っていました。今後は、今回教えて頂きました整理整頓・整理収納を活用し、誰でも必要な書類を活用し、不要な書類は整理できる職場を造ることができると思います。

書類等を探す手間がかかるという点は、業務効率を下げる要因の中で最も改善しやすいものだと思います。今回受講させて頂きました本講座では整理に関する心構えから、テクニックまで、身近な所から、丁寧に教えて頂けたので、周囲の片付けが苦手な人に勧めたいと感じました。

以前自主研修の一環で職場環境改善を行いましたが、今回の講座を受講し、より一層職場環境改善に取り組む意欲が出てきました。今後は教えて頂いた内容を駆使し、より良い職場を造るよう、職員一丸となって職場改善に取り組めると思います。本日は分かり易い講義を頂き、ありがとうございました。
————————————————————

しっかりメッセージが伝わっていて嬉しく思います。

1アンケート1コラムかけるくらい、深いポイントを印象に残してくださっていてとても嬉しいです。
また「自分を振り返る」「仕事を見直すきっかけになった」という内容ありました。私は片づけの考え方や方法についてお話をさせていただいているだけ、それを深く受け止めてくださって。感謝します。片づけのきっかけが、今後何年もみなさんの役に立ち続けることができれば、本当に嬉しく思います。

毎度お伝えしていますが・・・会社の片づけはトップダウン。駄目なら仲間を募る。研修は有効!

片づけは強力なトップダウンが必要。それが難しければ、「仲間を募って作業」です。その「仲間を募る」ために、必要なのが片づけに対する「やる気」「モチベーションの維持」「動機づけ」の共有。「片づけに関する効果・価値観」をみんなで持てば、進む。そのために「研修」というのは、とても有効です。ちょうど引っ越し前とにお声をかけていただいたのは、本当にベストタイミングでした。やる気を共有して、みなさんで前向きに片づけ作業に取り組んでくださいね。

ご自分のデスク周りや、職場全体・オフィスの片づけに興味のある方。オフィスミカサでは、片づけ研修も、オフィスの片づけサービスも実施しています。ぜひ、お気軽にお問い合わせくださいね。

今後の、一般開催の予定はオフィスミカサホームページの、トップページより
企業さまでの集合研修としてのご希望の場合:概要はこちら
お問い合わせはこちらから、ご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です