【内容をご紹介】整理収納アドバイザー2級認定講座

テキスト(明るい)

こんにちは、奈良県在住、整理収納アドバイザー認定講師、オフィスミカサの長野ゆかです。
当サイトに、2級講座の内容を検索してくださっている方が、たくさんいらっしゃっています。1日かけて、いったいどんな内容を学ぶのか。講師の側から、可能な限りご紹介いたしますね。

協会サイトに書かれている正式カリキュラムはこちら

1. 整理の効果を知って目的を具体的にする
2. 現状の整理のレベルを知る
3. モノの本質と人との関わりを知る
4. 整理を妨げる原因を知る
5. 整理の原理を活かす「整理収納の鉄則」
6. 学んだ理論を実例に活かす
7. まとめテスト ※ほぼ100%の合格率です

http://housekeeping.or.jp/blocks/index/00591 (ハウスキーピング協会サイト)
全国どの講座の告知にも、このように書いてあると思います。共通で表に出る項目です。この7つを詳細に説明していきますね。

プログラム内容詳細

1、整理の効果

整理のメリットとは、デメリットとは。言葉の定義から、整理の1次的、2次的、3次的効果を学びます。よく整理収納アドバイザーのブログに登場する「○○的・○○的・○○効果」というワードは、2級講座で1番にでてきます。そして、1回目のグループワークはここ。整理の効果を、具体的に数値でみながら学ぶことができます。「感情や気合いではなく、誰もが納得できる理論で片づけ学ぶ」履歴書にも書けるし、企業さんでも取り入れていただける強みだと、私は思っています。
個人的には、たくさんの事例と共に「整理収納」ってすごい!面白い!家片づけたい!!って思えるのがここ。講師によって事例も違い、テキストだけでは学べないことが、たくさん詰まっている部分です。

2. 現状の整理のレベルを知る

自分の整理のレベルって、どれくらいなのでしょうか。「私は70点です、母は78点で…」なんて言えないですよね、分からないんです。整理の能力というのは基準を設けることすら難しく、比較なんてできない。自分のレベルがわかりません。それを、整理収納アドバイザー独自の考え方で学んでいきます。棒グラフでも円グラフでもない、みたことがないような図をもとに、整理をイメージでとらえていきます。
どのレベルで、どういった片付け状況になるのか。整理のレベルアップをするためには、今自分にとって何が必要なのかがクリアになるので、あとは自宅に帰って行動するだけ。これで整理のレベルがランクアップします。「スマイルマーク」というキーワードは、全国整理収納アドバイザーの共通言語です。

3. モノの本質と人との関わりを知る0-67

モノって本来どうあるべき、使うべきなのか、人とどのようにかかわっているのか。こちらも整理収納アドバイザー独自の考え方で理解を深めます。理解が進むと、客観的に自分の持ち物が、どういう傾向のモノなのか、大きく4パターンで見極めていくことができます。
「アクティブ・スタンバイ・プロパティ・スクラップ」これも、整理収納アドバイザーの中では共通認識として使われる言葉たち。2級受講後の懇親会でも「うちの家、まだまだプロパティあると思う!」「スタンバイ多いねん!」「アクティブの質を考えるよね」「こんなとこにスクラップ抱えてた!と思って…」などなど。すごく盛り上がる単元です。

そして「製作者の意図」や「モノってどんな気持ちかな?」と。簡単な言葉に置き換えると、こどもでも理解できる分野です。私が受講した時は「あ、うちの旦那さんこれ、うちの母これ、職場これ、私はどれかなー。」ひたすら、あるある事例に、いろんな人をあてはめ楽しんで理解を深めていました。

4. 整理を妨げる原因を知る

どうしてみんな片づけたいのに、片づけられないのか。これって単純なようで非常に奥が深い問題。だけど「これだ!」と自分で気が付けばクリアできることも多いんです。ここで様々な角度から、整理を妨げる事例を学びます。自分の性格・傾向が見えて来ることも多いです。
この問題が明確になると、「じゃあ次からは、こうすればいいんだ」という方法が見えてくる。そのため、一気に家のモノの片づけ方が具体的にイメージできてきます。だけど、人が生きていく上で整理って、すごく深いなー難しいなぁということもわかります。ここで、グループ演習2。ここで、お昼休みの前後になさることが多いです。そして、お昼休みには「思ってたより深い、面白い」と話が尽きなくなっています。

上記1から4、午前の講座の考え方は斬新です…私は受講当時衝撃的でした。

slide4

「そんな考え方、誰からも聞いたことが、なかった」というような言葉と単語がいっぱい。だけど、難しい単語や考え方では全くなく。身近な話で、小学生でも十分理解できる、当たり前のことばっかりなんです。だから「一度学ぶだけでわかる。知っているだけでトク」なんです。漠然とつかみどころのない「片付け」のイメージから、1つ1つ知識がブロックになり積み重なっていく、そして片付けゴールに間違いなく近づいていくのが午前の講座、という風に私は考えています。

5.整理の原理を活かす「整理収納の鉄則」

ここで、「整理収納5つの鉄則」を学びます。「ここに、こんな風にモノを置きましょう」という具体的な事例ではなく、「こういうケースは、こんな風に考えて決めていく」という感じです。
雑誌や収納ブログに出てくる、収納アイデアやアドバイスの記事は、ほぼすべてここで学ぶ5つの鉄則のうち、どれかに当てはまるといっても過言ではありません。
こうした雑誌やブログは、たくさんの事例ケースが具体的に載っている、資料の多い参考書のようなものとイメージしてください。(例:靴箱収納の扉がこんな形の場合、扉裏に○○をつけると…こんなにきれいにおさまる!便利になった!等)

整理収納アドバイザー認定講座は参考書で具体的な事例ではなく、「教科書」として、5つの鉄則を学びます。10人生徒さんがいれば、全員自宅の間取りも、生活スタイルも、何もかもが違います。だけど、基本であり・万人に適応される整理収納の鉄則を学びますので、自宅のどのお部屋でも、オフィスでも、他人の家でも、子どもからお年寄りまで。男女関係なく、全員に通用する整理収納方法を学びます。「理論で学ぶ」です。

6. 学んだ理論を実例に活かす0-44

これまで学んだ内容を元に、最後がグループワーク・演習3に入ります。片づけに関する問題が山積みの、あるお家の、あるスペースを写真でご覧いただきます。そのスペースを、これまで午前午後で学んだ内容を生かして、どんな風に片づけられるのか、グループで考えていただきます。そして、考えたことを紙に絵で書き出していただいて終了。人数が多い時は、何グループかにわかれ、前に立ってグループ発表をしていただきます。
私の講座は最大6名様までなので、1グループしかできないので原則発表なし。作成過程で私がずっとお聞きしている感じです。発表があると、それにばかり気を取られて、ワークの内容に集中出来なかったりする緊張やさんがいるので(私が参加した時これやった…)私の講座にいらっしゃる場合、そこはご安心を(^^)

7. まとめテスト ※ほぼ100%の合格率です

そして、演習まで終わったら最後の30分で、まとめテストがあります。テストの内容は、こちらをどうぞ
整理収納アドバイザー2級認定講座「まとめテスト」ってどんな内容?
テストの合格点、ほぼ100%ってなんじゃい、テキストメモ、見てもいいんですよ~など、できる限りネタバレしてます(笑)

その他、私からご紹介できる詳細:全国どこでも、誰から受けても内容は一緒

全国の整理収納アドバイザー2級認定講師全員が、一般社団法人ハウスキーピング協会認定のパワーポイントに沿って進めます(まとめテストもありますから)ので、全国どこで受講しても基本的に同じ内容です。

ただし、伝え方、事例等の部分には講師の特色が出ます。同じ整理のメリットでも、インテリアやカラー、ハイセンスなスタイルに強い講師はそうした事例が。掃除に強い、高齢者の片づけに強い、お片づけサービスもがっつり行ってらっしゃる講師はその事例が増えます。私は、いろんな先生の2級講座参加していますが、これまでどの2級講座も面白い…が正直な感想です。だいたい参加したい先生のブログを読むと、講座の傾向がわかりますよ。

私の場合は、このブログ見ていただいたら、それこそ子育て片づけ、オフィス事例、片づけへや生徒さんへの思い等、色が出てますね(そう思うとちょっと恥ずかしさも)
そして1級試験でもしっかり思い出せるように、基本に沿って開催するように心がけています。スライドを割愛したり、独自の展開をしたりはしません。だから、まとめテストの点数もみなさん高いですよ♪

開催時間と、受講金額は全国一律。1日あっという間です。ぜひ楽しんでくださいね。

だいたい、10時から17時の1日開催。休憩が合計で、1時間程度。休憩なしの3時間×2日間という、午前短
時間開催や、仕事が終わってから、19時から22時の2日間!も開催可能です。
あと、全国どこで誰から受講しても、お値段も一律です。割引などは一切できない規定になっていますので、安い講座を探し回ってもネット上に情報はありませんよ~。
例外は整理収納アドバイザー3級講座受講時に2100円オフの割引のチケットをくれること、これだけは利用可。

みなさん「こんなに長い時間勉強できるかなと思ったけど、あっという間だった」とおっしゃいます。後半は、参加型のグループワークもなので、時間が足りない…くらいの勢いです。もちろん「じゃあ家にかえったら…」と想像を膨らませているのが楽しいから、参加者の方とも気が合って話していたらあっという間だった!なんて理由もあると思います。ぜひぜひ、楽しく受講してくださいね!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です