放火犯や、空き巣に狙われたくなかったら家を片づける!

放火から身を守る片づけ

こんにちは、奈良県在住整理収納アドバイザー認定講師、オフィスミカサの長野ゆかです。私は最初片づけの効果として、すっきり気持ちがいい、イライラしたくない、という思いで片づけの勉強を始めました。ここに時間的効果、経済的効果、精神的効果、等を勉強し、「あ、毎日を充実して過ごすためには片づけが大事なんだな」と思ったのを覚えています。

しかし、知り合いの消防士さんや、防犯の仕事をしている方と片づけのお話した時に、その道のプロからお聞きした「片づけの効果」これをしってから、「真剣に片づけなければヤバイ!!」と痛感した記憶があります。その理由をご紹介しますね。

「泥棒」が狙う家は、散らかった家 その理由は

何でと思いますか?なんで散らかった家を狙うか。1番の理由は何でしょうか。お金がその辺に出ているからではありません。その理由は「警察への通報が遅れるから」だそうです。本当にお金が盗まれたかどうか、泥棒が入ったかどうかすら気が付くのが遅れるそうです。納得ですね。なので、泥棒に狙われたくなかったら、庭、玄関、そして扉が開いていたらちらっと垣間見えてしまう家のスペース。そういったところから片づけを行ってください。また盗まれたクレジットカードが何かの把握が難しければ2次被害も拡大するそうです。片づいているに越したことは本当にないんですよね。

「放火犯」が狙う家は、散らかった家 その理由は

これも聞いて納得でした。放火犯は「燃え盛る様子」がみたくて放火する。つまりは、燃えやすそうなもの、家に火をつけるんです。だからこれも同じく、庭、玄関に置きっぱなしのモノ、こういったものから片づけていきましょう。

実際に泥棒に入られた。失火で燃える範囲が広い等の体験談も

こんな話を講座でした時に、言われたことがあります。「本当に泥棒が入って、警察がきた。警察の人に『えらく散らかしていきましたね!!』と言われたけれど普段通りで恥ずかしかった」と。モノが盗まれたけれど、今これを笑い話にできているから良いだけであって。散らかっていることで、家に他人が入る、そこで子どもが鉢合わせする・・・怖いですよね。こんなことになりたくなかったら、すぐに片づけを始めましょう。

また、消防士の方に聞いたのは「家の中が散らかっている人は、寝たばこ等の失火でも、大きく燃える範囲が広がりやすい」と言うことです。これも燃えるモノが、たくさんあちこちにあるから、なんですよね。放火犯に狙われたくなければ、家を家事にしたくなければ、やっぱり片づけたいですね。

私が気になる、外部から狙われそうな家はこんな家

さきほどの、庭、玄関、ベランダ、そして扉が開いていたらちらっと垣間見えてしまう家のスペースにモノが多い家、片づいていない家。これは狙われやすいと思います。
さらに具体的にいえば、

・手入れがされていなさそうな植木鉢が、玄関にずらっと並んでいる(置きっぱなし平気)
・紫外線に焼けた三輪車等が、置きっぱなしになっている(使わないものを処分しようとしない)
・家族の人数よりも圧倒的に多そうな傘の本数(適正量管理ができていない)
・窓の、すりガラス越しにみえるモノが山積みそうな影(収納が苦手そう)

よくあるものです。こういったものが外から見える状態になっているなら、今すぐここから片づけをしていただきたいと思います。

その他、「これが許せないから片づける」のあるある事例

泥棒、火事とご紹介しましたが、地震の時、健康に過ごす清潔さ(ハウスダスト・カビ・掃除のしやすさ)、そして虫(ゴキ等家の虫)もう、これら全部片づいた家と、そうでない家どちらの方が…と言ったときに明らかですよね。ご自身が1番「これは許せない」という部分にフォーカスを当てて、「片づけなかったらこんなことになる!」と、奮い立たせてるのも1つの片づけスイッチを入れる方法です。まぁ、全部いやだから片づけたくなったのが私です。さぁ、今から玄関へまわってモノの様子をチェックしてみてくださいね。

このお話は、オフィスの片づけ講座以外のセミナーの時には、ほぼ毎回しています。こんな話を聞きたい、みんなにも聞かせてあげたい、そう思ったら、お片づけ講座ご依頼お待ちしています!問い合わせフォームはこちらから 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です