カテゴリー別アーカイブ: その他(机・名刺・してはいけないこと等)

本の片づけ。本の価値。読み終わったらすぐに売るってどうなの?

book

こんにちは。奈良県在住整理収納アドバイザー認定講師、オフィスミカサの長野ゆかです。先日からマンガにはじまり、本の片づけ方の話をよくしています。本の片づけ方も、色んな考え方があるんですけど、1つとても興味深い考え方を聞いたので、ご紹介したいと思います。

満足感・物欲・コレクション 読んだ本を手元に置く理由は?

本をたくさん読む方の、本棚のお悩みは尽きません。ひたすら増えていく一報ですから。実は本を読み終わった後に置いておく理由に、本を並べることで「こんなにたくさん読んだ」という満足感が欲しい方、読んだ本そのものをコレクションにしている方など、「本=読む」という本質とは違う部分を、知らずに求めている方もいらっしゃいます。
続きを読む


「あえて」しないこと・辞めたこと(整理)から、気づいたこと

整理、あえてしないこと、意識的、選択と集中

こんにちは、奈良県在住整理収納アドバイザー認定講師、オフィスミカサの長野です。私が大事にしている不要なモノを取り除くという「整理」の概念。これ「モノ」ではなく「行動」についてもあてはまります。不要なモノ、「あえてしない」=「意識して、していない」=「辞めたこと」について、考えがまとまったので書きたくなりました。今回はお役立ちを意識した内容ではなく、ただの日記ですので、興味のない方はスルーしてくださいね。

やりたいことのために、やらないことを決める。整理と共通の概念。

やりたいことのために、やらないことを決める。これ「整理」です。自分にとってあれもこれも「大事、好き、やりたい、ほしい」と欲張ると、どれも中途半端になってろくなことない。仕事も家も共通です。
片付け自信が苦手だった私は、もう山ほど苦い経験あります。自分の努力に見合わないものをたくさん欲しがってキャパを超える。これただの欲張り(自戒)。欲張るから片づかなくて、毎日を大切にできなくて・・・。振り返ればやっぱり最低な自分でした。抜け出せてほんまよかった。
続きを読む


掃除・インテリアより「片づけスキル」が大事だと私が思う理由

片づけと掃除とインテリアの違い

こんにちは。掃除も料理も嫌い(昔は片づけもキライ)。子ども3人もいると、効率的な部屋が1番!なので、おしゃれ感はムシ。だけど部屋は片づいているので、すっきりストレスフリー!!奈良県在住、整理収納アドバイザー認定講師(片づけの先生)、オフィスミカサの長野ゆかです。

部屋を快適にするなら、片づけスキルがなくてはならない

清潔なお部屋がイイ。ハイセンスなお部屋がイイ。部屋に望むものはみなさん様々。「清潔=掃除」「おしゃれ=インテリア」なので、片付けとは異なるスキルが必要なんです。
だけど、片づいていないと掃除はしにくいし、インテリアを整えても、散らかっていれば台無し。つまり、片づいていないと、どちらも叶わないという深い関係性があります。片づけ+掃除=清潔感 片づけ+インテリア=ハイセンスなステキ部屋。 「部屋を快適な環境にするためには、まず片づけが基本」です。

続きを読む


一気それとも、少しづつ?だたしい片づけ方はどっち?

一気に進めるか、徐々に進めるか

こんにちは。3・4年かかってやっと家がすっきりしてきました。家族4人の以前より5人の今の方が、家が片づいている、奈良県在住、整理収納アドバイザー認定講師、オフィスミカサの長野です。

ちまたにあふれる片づけ情報。プロも意見が分かれる?

テレビでも雑誌でも、たくさんの特集が組まれ、毎日のように片づけのプロたちがアドバイスをしていますね。そんな中で「本気で片づけたい人は、一気に進めましょう」という派と、「本当に片づけたい人は、少しづつすすめましょう」という、両方のアドバイスを聞いたことがありませんか?はてさて、正解はどっちなのでしょうか…。各派が各方法を進める理由について、私が思うことをメリット・デメリットの視点からご紹介しますね。

続きを読む


片づけの土台=要る・要らないの「整理」作業が苦痛な方へ

要らない=処分ではない「整理」の考え方

こんにちは、私は「収納アドバイザー」ではなく「整理」収納アドバイザーの認定講師。片づけのプロとして、「整理収納」の肩書を大事にしています、奈良県大和高田市在住、長野ゆかです。

捨てられない、分けるのが苦痛な人は、絶対片づけられないのでしょうか?

先日取材いただいた、ウートピさんの記事
 片付け下手と“生きづらさ”はリンクしている 早死や孤独の要因となる社会問題に

で、「整理=要る・要らないを、まず見極めることが片づけの土台、いくら収納を工夫しても整理抜きには片づかない」という、内容をご紹介いただきました。

この反響の中で、「それができない」「苦痛」「捨てられない私は、一生片づけムリ」「オレ死亡決定」(←こういうの、私ツボです笑)・・・というコメントを、ちょこちょこ見かけました。そんな風に思っている方は、意外とたくさんいらっしゃるのかもしれない。

だけど、待ってください!「不要なモノが取り除けない=自分は片付けできない」というのは、残念すぎます。だって、「不必要=捨てる」だけではないからです。私のセミナーでも、個人レッスンでも、ここをお伝えするとみなさん、お片づけ進んでいくんです。どういうことなのか・・・。今回「整理=要・不要をわける」を、講座やセミナーで、いつもお伝えしている内容を、書いてみます。

続きを読む


お母さんのアドバイスを無視した、ある小学生の女の子の失敗と成長

main1

こんにちは!なかなか難しい年頃の娘を子育て、親育ち中。奈良県在住、3児の母。整理収納アドバイザー認定講師の長野ゆかです。

「これは辞めておいたら?」っていうお母さんのアドバイス

ある小学1年生の女の子。学校に着ていくお洋服を買うときに、「これはちょっと・・・」という服を選んできたそうです。その服のデザインは・・・、ほぼパジャマ。だけどお母さんのアドバイスをふりきって、購入。案の定、お友達に「パジャマ着てきたーん?」と、指摘され。さぁ、その子はどうなったでしょうか。というお話です。

続きを読む